外為どっとコム評判どうよ 外為どっとコム評判どうよ
外為どっとコム評判どうよ

サイトマップ

レバレッジとロスカットレート

 ロスカットレートを決めるとレバレッジが決まります。
 運用率も決まります。

◆レバレッジと利益一覧

 レバレッジ、ロスカットレート、運用率、これらは全て連動しています。

豪ドル/円 1万通貨 買いポジション 約定レート:1豪ドル=77円 年間スワップ益22630円
 レバレッジ  ロスカットレート  何円下落でロスカット  投資元本  運用率  リスク度
 0.98倍  0円  ロスカットはない  78.2万円  2.89%






 高 
 1倍  1.2円  75.8  77万円  2.93%
 1.16倍  12円  65.0  66.2万円  3.41%
 1.59倍  30円  47.0  48.2万円  4.69%
 2倍  39.7円  37.3  38.5万円  5.87%
 2.5倍  47.4円  29.6  30.8万円  7.34%
 3.4倍  55.6円  21.4  22.6万円  10.00%

 この表を見てもらうと、いくつか面白いことが分かります。
  ・レバレッジは、2倍とか、10倍とかの整数でだけなく、1.16倍とか、2.5倍とか、いろいろ考えられる
  ・レバレッジは、1倍以下もある。
  ・100%ロスカットされない状態で、投資することができる
  ・運用率を高くすると、リスクも高くなる
  ・自由度の高い投資ができる

◆ロスカットレートからプランニング

 レバレッジ2~3倍なら、リスク(ロスカットされる可能性)は低いと言いわれています。
 そのようにレバレッジから投資プランを練る人がいます。それが悪いわけではありません。

 ただし、より効果的な投資プランを考えるには、ロスカットレートから考える方が良いでしょう。
 そうすることで、常に、現在のポジションと相場の関係を把握しやすくなります。
 レートが55円まで下がるとロスカットだと分かっていれば、現在のレートを見ただけで、どれくらい余裕があるのか、ピンチなのかが一目で分かります。

 次は、スワップ運用する時の例として、豪ドル/円を見てみましょう。

外貨預金的スワップ運用
1.スワップ運用ってどう?
2.評価損とロスカット
3.レバレッジの意味を知ろう
4.レバレッジ20倍で運用率UP
5.運用率とロスカットレート計算
6.ロスカットレートを管理する
7.過去データからロスカットレートを考える
8.レバレッジとロスカットレート
次頁⇒ 9.スワップ運用(例)豪ドル/円
10.外貨預金とスワップ運用の違い
  11.リスク(1)通貨間金利差逆転
  12.リスク(2)日本の金利上昇
  13.リスク(3)日本の金利が上がらない要因
14.リスク(4)為替変動への対応
15.「スワップ運用は危険だ」という指摘


次のページ⇒ 複利運用

-----公式サイトを確認する----


リンク

Copyright (C) 2009 外為どっとコム評判どうよ, All rights reserved.