外為どっとコム評判どうよ 外為どっとコム評判どうよ
外為どっとコム評判どうよ

サイトマップ

スワップ益で複利運用の具体例

 スワップ益で複利運用していくとは、どのような感じなのか、具体例で説明します。

◆スワップ益複利運用とは

 スワップ益で新たなポジションを建てます。

 スワップ運用の投資プランによって、どの程度スワップ益が増えたら新規ポジションを建てるのか、が決まります。
 ここでは、単純に、投資資金20万円でポジション一枚建てるとします。
 スワップ益は、1年で、10万円/1枚としましょう。
 最初の投資資金(元本)が100万円。
 これで、運用した場合どうなるでしょうか。

◆複利運用具体例

   1年目元本  スワップ益  2年目  スワップ益  3年目  スワップ益  4年目
 運用  100万円  50万円  150万円  70万円  220万円  100万円  320万円
 ポジション  5枚  2枚増やせる  7枚  3枚増やせる  10枚  5枚増やせる  15枚

 1年目運用が終わるとスワップ益が50万円になります。
 20万円で1枚増やすことにしてありますので、スワップ益50万円なら、50万÷20万=2.5。3枚増やすことはできませんが2枚なら大丈夫です。
 そこで、2年目では、5枚+2枚で、7枚のポジションで運用していきます。
 複利運用は、この繰り返しになります。
 3年運用して、4年目の初めでは、資産合計320万円、ポジションは15枚という運用状況になっています。

 この例では、投資資金20万円で1枚建てるというルールでした。
 ポジションを建てるルールは、人それぞれで、その時の相場から、ロスカットレートを自分なりに割り出して、それを基準にポジションを建てる方法もあります。
 ロスカットレートが65円で、投資時のレートが75円なら、その差が10円なので、投資資金10万で1枚建てるようにします。翌年では、投資時のレートが78円なら、その差が13円なので、投資資金13万円で1枚になります。さらに翌年、ロスカットレートを修正して67円にした場合、投資時のレートが82円なら、その差は15円なので、15万円で1枚にします。このように毎年考えるやり方でもできます。

 次頁では

複利運用
1.FXの2つの複利運用
2.スワップ益で複利運用の具体例
次頁⇒ 3.FX業者による違い
4.外為どっとコムでの非課税複利運用
5.さらに運用効率UP
6.毎月1万円あれば1500万円の資産にできる
7.評価損が増加していく時の複利運用
8.評価損がある時の非課税複利運用
9.下降トレンドでの新規ポジション


次のページ⇒ 円安に備える外貨投資

-----公式サイトを確認する----


リンク

Copyright (C) 2009 外為どっとコム評判どうよ, All rights reserved.