外為どっとコム評判どうよ 外為どっとコム評判どうよ
外為どっとコム評判どうよ

サイトマップ

評価損が増加していく時の複利運用

 これまでは評価損がでない場合の複利運用について説明してきました。
 ここでは、評価損がどんどん増えていく時の複利運用について見てみようと思います。

◆評価損がある時の複利運用例

 複利運用ルールは、
  ・20万円で1枚新規ポジションを建てる
  ・取引保証金 5万円/1枚
  ・年間スワップ益4万円/1枚
  ・1年複利

 元本100万円 5枚 で運用開始しました。
 1年後
 評価損 10万円(スワップ益20万円-為替差損30万円)
 有効保有額 90万円(元本100万円-評価損10万円)

 この時、2年目の運用はどうすべきでしょうか。
 実質、資産がマイナスになっています。

 ここでポイントは、ロスカットになるかどうか、です。
 20万円で1枚建てるという運用計画です。
 これは、1枚につき、1万5千円でロスカットになるわけですから、18万5千円の損失でロスカットです。
 つまりこの計画を企図したときは、18.5万円までの損失は織り込み済みということです。もちろん相場の状況によって計画変更もあるでしょうが。基本的には、この計画通りに運用を進めます。

 ですから2年目は、スワップ益が20万円ありますから、その分で、1枚ポジションを建てます。

 スワップ益があれば為替差損(評価損)があっても気にせず、ポジションを持つ場合の例を考えてみましょう。
 例えば、今の通貨ペアが米ドル/円としましょう。
 1ドル=100円で5枚買いました。
 1年後、1ドル=94円です。為替差損が30万円。この時も、スワップ益が20万円ありますから、1枚買いました。

 ロスカットレートを調べてみましょう。
 最初のロスカットレートは、1ドル=81.5円です。
 1年後にポジションを建てた瞬間のロスカットレートを計算してみましょう。
 90万円(有効保有額)÷6枚(6万通貨)=15円。15円-1.5=13.5円
 94円(1年後の現在のレート)-13.5円=80.5円。
 ロスカットレートは、1ドル=80.5円です。

 投資を始めた時よりも、ロスカットレートが低くなっています。
 81.5円よりも下がらないと考えたプランですから、これなら、全く問題ないということになります。

◆ちなみに、もう一つ運用例を

 スワップ運用には、いろいろなやり方があります。

 複利運用とはいえないかもしれませんが、以下のような考え方もあります。

 ポジションに対する有効保有額を一定に保つやり方です。
 【有効保有額÷ポジション枚数】を一定にするのです。
 先の例を使えば、20万円で1枚です。ポジション1枚に対して有効保有額を常に20万円にします。
 運用開始では、100万円が有効保有額であり、ポジション枚数が5枚、ということでした。
 1年後、有効保有額が90万円で、ポジションが5枚ですから、【有効保有額90万円÷ポジション枚数5=18万円】です。20万円にならなければいけませんので、あと10万円の証拠金を追加します。
 つまり複利運用どころではなく、資金の追加が必要となります。
 もし、毎年、資金を追加するつもりであれば、この方法でもポジションを増やすことは可能です。
 この例では、30万円資金追加すれば、有効保有額が120万円になりますから、ポジションを1枚増やして6枚にすることができます。
 また、評価損がある時は新規ポジションを建てないことにして、評価益があるときだけポジションを増やしてもいいです。それであれば、評価益がある時だけの複利運用となります。

複利運用
1.FXの2つの複利運用
2.スワップ益で複利運用の具体例
3.FX業者による違い
4.外為どっとコムでの非課税複利運用
5.さらに運用効率UP
6.毎月1万円あれば1500万円の資産にできる
7.評価損が増加していく時の複利運用
次頁⇒ 8.評価損がある時の非課税複利運用
9.下降トレンドでの新規ポジション


次のページ⇒ 円安に備える外貨投資

-----公式サイトを確認する----

外為どっとコム評判どうよメニュー

各口座・サービスへの評判 外為どっとコム全体の評判・評価
どう使う?

リンク

Copyright (C) 2009 外為どっとコム評判どうよ, All rights reserved.