外為どっとコム評判どうよ 外為どっとコム評判どうよ
外為どっとコム評判どうよ

サイトマップ

評価損がある時の非課税複利運用

 評価損がある時に非課税で複利運用できるか、考えてみたいと思います。

◆評価損がある時の非課税複利運用例

 外為どっとコムの返還可能額の計算は
   A)[返還可能額]=[資産合計]-[取引保証金]
   B)[返還可能額]=[有効保有額]-[維持保証金]
    ※簡略化してあります。正確な計算方法は外為どっとコムのホームページでご確認ください。
 A)B)のどちらか、少ない方になります。
 評価損がたくさんある時は、B)になります。

 複利運用ルールは、
  ・20万円で1枚新規ポジションを建てる
  ・取引保証金 5万円/1枚
  ・年間スワップ益4万円/1枚
  ・1年複利

 元本100万円 5枚 で運用開始しました。
 1年後
 評価損 10万円(スワップ益20万円-為替差損30万円)
 有効保有額 90万円(元本100万円-評価損10万円)
 維持保証金は取引保証金の50%ですから、2.5万円/1枚。 5枚で、12.5万円です。
 返還可能額は、B)で計算すると90万円-12.5万円=77.5万円です。
 A)では、75万円ですから、この場合は、返還可能額はA)の75万円になります。
 もし、評価損が12.5万円以上になると、B)で計算することになりますが。

 では、この時、返還可能額は75万円ですから、15(75万÷5万)枚のポジションまでなら非課税で建てることができます。

 2年目は1枚増やして6枚で運用したとします。2年目の運用が終わった時点でさらに評価損が増えたとします。
 評価損 28万円(スワップ益20万円-為替差損48万円)
 有効保有額 62万円(有効保有額90万円-評価損28万円)
 返還可能額は、62万円-15万円=47万円です。
 この時では、非課税で新規ポジションをあと9(47万÷5万)枚まで建てることができます。

 評価損が増えれば、増えるだけ、建てられるポジションが減ります。

 非課税で複利運用するには、はやばやと限界がやってきます。

◆評価損が貯まっても気にしない

 非課税で、複利運用を続けるには、評価損が減っていくことが期待されます。

 相場には「波」があります。トレンドといってもいいです。
 上昇トレンドもあれば下降トレンドもあります。
 いつまでも下降し続けることはないであろうから、やがては評価損も減少するでしょう。
 要は、ロスカットされないことです。
 ロスカットさえ避ければ、あとは、必ず上昇局面もやってきます。相場に居続けることが大切です。

複利運用
1.FXの2つの複利運用
2.スワップ益で複利運用の具体例
3.FX業者による違い
4.外為どっとコムでの非課税複利運用
5.さらに運用効率UP
6.毎月1万円あれば1500万円の資産にできる
7.評価損が増加していく時の複利運用
8.評価損がある時の非課税複利運用
次頁⇒ 9.下降トレンドでの新規ポジション


次のページ⇒ 円安に備える外貨投資

-----公式サイトを確認する----

外為どっとコム評判どうよメニュー

各口座・サービスへの評判 外為どっとコム全体の評判・評価
どう使う?

リンク

Copyright (C) 2009 外為どっとコム評判どうよ, All rights reserved.